ぽめcの脳内を晒す場所

ぽめcの脳内を晒す場所

僕の頭の中をのぞいてみませんか

難しい言葉と簡単なコトバ

こんにちは、ぽめcです。

 

人とコミュニケーションを取るための言葉と、心の中で発する自分ひとりのための言葉。

この2種類の言葉は難易度が桁違いなようにかんじます。

 

区別するために前者を言葉、後者をコトバと表記します。

 

要点を先に話してしまうと、「頭の中でコトバにするのは簡単なのに、なんでそれを言葉にすると途端にコトバが霧散してしまうんだろう」ということです。

 

大抵は「頭の中で作る→言葉にする」というのをやっていると思います。とは言えほぼ最適化されていて、そんなことを考えてるようには感じないと思います。僕だっていちいちそんなことを考えながら喋ってるわけではありません。

ただ、その「頭の中で作る」時間が長くなると、それがいわゆる「考えている」ということになるのかなぁと。例えば質疑応答だったり。「内容を聞いて→意味を理解して→最適な文を作って→出す」というこういう2や3番目あたりが長くなることが例として分かりやすいかな。

 

そういう点から見れば、「考えなしに喋る」というのは2,3番目の過程が極々短いもしくは省略されているということになるので、そういうことで悩んでる人は一度長考すれば良いかもしれません。

 

じゃなくて、今回の話は先の例なら4番目「出す」部分の話です。

友達と、目上の人と、家族と…色々な場面で会話することがあります。そういう時に、頭では話す文章が決まっているのに、それをそのまま口に出せないことがままあるんですよね。文章の悪い時は4割程度だったりするので、カタコトっぽいというか、単語単語で話してるみたいになっちゃうんです。その度に「あークソ」と心の中で思ってしまいます。思ったことが言えない歯痒さ。

 

電話とかだと面と向かってない分、余計に相手に悪印象を与えているような気さえします。

 

最悪頭でも見てもらった方がいいのかと思う始末なのですが、こういったことは皆さんにもあるのかと思い書いた次第です。

 

最後に、ぽめcまたはこのブログに関する言葉にご記入していただけたら嬉しいです。

ご記入してくださった方々、ありがとうございます。

 

今日は、この辺で。