ぽめcの脳内を晒す場所

ぽめcの脳内を晒す場所

僕の頭の中をのぞいてみませんか

漫画のビニールの新しい破り方を提唱したい

こんにちは、ぽめcです。

 

漫画を買った時、新品のやつ(中古本じゃないやつ)だと、ビニールで覆われてますよね。僕がいつも買っているところだと、ガバガバのビニールの場合は店員が剥がしてくれたりしますが(タグが入ってる時とかね)、ピッチリしたビニール(バーコードがビニールに張られてるタイプとか)だとそのまま受け取り、自分で開けなければなりません。

 

ちなみに、発行会社によっては背表紙あたりに切り取り線が入っていて、そこからポケットティッシュの要領で開けられるようですが、僕はあれで開けられたことが一度もありません。というのも、そもそもビニールに余裕がないからスライドできない。

 

でも、ハサミやカッターじゃ本を傷つけちゃう可能性が高いしで開けるのに一苦労ですよね。

f:id:PoMec:20180615220221j:image

こういう本。隙間がない。

 

指(爪)でページの間を削り切る方法は結構便利ですが、下手するとページを破いてしまうのでオススメできません。

 

じゃあどうやって開けるか。僕が今回皆さんに教えたいのはこちら。

 

f:id:PoMec:20180615220715j:image

画鋲です。

 

画鋲だと先端が尖って胴体は丸みを帯びているので、先端さえ隙間に刺してしまえば、横にスライドするだけでページを傷つけることなくビニールを破くことができます。

 

やり方は簡単。

本を手で軽く歪めるようにして押すと、

f:id:PoMec:20180615221055j:image

このように僅かな隙間ができます。ここに刺してスライド。

ほんの少しの隙間でも開けられるのが画鋲の利点です。

 

ビニールが予想以上にピチピチで隙間ができない場合は、

バーコードが印刷されている紙が貼られてる部分の

f:id:PoMec:20180615221403j:image

この赤丸のところに画鋲を刺す。こちらの場合は裏表紙に刺さないようにしましょう。

 

 

爪だと思ったよりも強い力が入ってしまい、本に傷をつける可能性がありますが、画鋲だとその心配もほとんど無いと思います。刺してしまえばこちらの勝ち。

 

とても開けやすいので、このやり方をぜひ知ってもらいたい。

 

最後に、ぽめcまたはこのブログに関する言葉にご記入していただけたら嬉しいです。

ご記入してくださった方々、ありがとうございます。

 

今日は、この辺で。