ぽめcの脳内を晒す場所

ぽめcの脳内を晒す場所

僕の頭の中をのぞいてみませんか

漫画紹介#暴虐のコケッコー

こんにちは、ぽめcです。

 

漫画の新刊コーナーに立ち寄ったら目に留まった漫画。

 

 

暴虐のコケッコー

f:id:PoMec:20180509223752j:image

2018年発行 著:須崎洋輔

1巻が3月ごろ出て、2巻が今日(5/9)発売です。

 

タイトルと表紙である程度想像できるかもしれませんが、ざっくり言えば「ニワトリが人を食う」話です。

そのニワトリも普通のニワトリじゃなく、人が突然ニワトリになります。人よりでかくなります。

 

1巻で作者が

この漫画はエログロバイオレンスヒューマン漫画です。

と言ってます。グロ強め?

以前紹介したインフェクションという漫画よりもグロ・パニック感が強いと思います。こっちは巻数が少ないから、ストーリーが落ち着くとこまで行ってないというのもあると思いますが。

モザイクはかかってるので、物足りないって人もいるかもしれませんが、僕はこれくらいで全然いいです。グロ大好き!ってわけじゃないので。

 

話が逸れますが、友達の家でご飯を食べる時に映画を流そうということで流されたのが「SAW 3」で、食事どころじゃありませんでした。あれはキツかった。

 

話を戻しましょう。

 

主人公が裸で決め台詞を吐いているところは笑えました。「見返り美人図」みたいなポージングなので、見えちゃいけないところは見えてないのが絶妙でした。

ちびっ子がデフォルメキャラみたいにちんちくりんで可愛いのも魅力。主人公とかと並ぶとちびっ子の身長が主人公の膝くらいまでしかないんですけど(笑)

 

素直に感想を言うなら、「今後に期待」かな。偉そうな物言いになっちゃうけど。

2巻というとまだまだ序盤ですから、続きが楽しみです。

グロいんですが、読み進めてしまう漫画でした。

 

 

 

パニック系が続いたので、次回は心に優しい漫画にしたい。

 

最後に、ぽめcまたはこのブログに関する言葉にご記入していただけたら嬉しいです。

ご記入してくださった方々、ありがとうございます。

 

今日は、この辺で。