ぽめcの脳内を晒す場所

ぽめcの脳内を晒す場所

僕の頭の中をのぞいてみませんか

もう2度とやりたくない読書感想文

こんにちは、ぽめcです。

 

今日は、他のはてなブログユーザーが作ったお題で書いてみます。

 

お題「読書感想文の思い出」

 

読書感想文といえば、小・中学生のころ書きましたね。高校も1年の時にそれっぽいやつがあったような…

 

読書感想文だけでなく、他の作文でもそうなんですが、僕は題名を最後に決めるタイプでした。先に書くと、どうしても題名に引っ張られてしまうんですよね。

出だしが書けるとスラスラ書けるようになるんですが、それまでが長い。

あとは、思ってもないようなことを書いたり、言い回しを工夫して文字数を少しでも稼げるようにしたり。大抵は作文用紙○枚以上とか○文字以上とかあるので、そうでもしないと書けません。

 

図書が指定された読書感想文(この中から図書室で1冊借りて読んでくさい的なやつ)は嫌いでした。なんで好きでもない本を借りて読んで感想書かなければならないんだ、と。そういった本の感想文は本当に苦労しました。感想も何も、興味がない本について思うことが何もないんです。

そんなこんなで、夏休みとかの読書感想文は数人で集まって「こう書こう」「次はこうだな」「俺こう書くからお前被んないようにしろよ」と相談しながら書いていました。クオリティは求めません。終わればいいんです、終われば。

 

じゃあどんな本に興味があったんだと言われても、あの頃は読書という習慣はなく、読んでもせいぜい「かいけつゾロリ」とか「ドラえもん」くらい。あとは外で遊んだりゲームしたり。

中学生の最後あたりから小説を読み始めましたが、その頃はもう受験だ何だで読書感想文はありませんでしたね。

 

とまぁ、こんな感じです。

またやりたいかと言われれば、もう2度とやりたくないです。本は強制されずに自分から読むのが一番良い。

 

最後に、ぽめcまたはこのブログに関する言葉にご記入していただけたら嬉しいです。

ご記入してくださった方々、ありがとうございます。

 

今日は、この辺で。