ぽめcの脳内を晒す場所

ぽめcの脳内を晒す場所

僕の頭の中をのぞいてみませんか

日本のテレビドラマを「原作有り,○○化,オリジナル」に分ける その1

こんにちは、ぽめcです。

 

小説や漫画、アニメなんかで「ドラマ化!」とか、「実写映画化!」といった文章を目にすることは少なくありません。たまに舞台化なんてものも見ますね。

そういったものは、公開する前はどちらの意味でも話題になるのですが、いざ蓋を開けてみると音沙汰なし…なんてことも。

 

これは僕個人の感想ですが、結局のところ3次元に持ってくることに無理があるんだと思います。

小説の場合は読者の頭の中で形成された人物を、漫画の場合は描かれた人物を再現するということになりますから、そりゃもう無理があります。アニメにいたっては声まで付いちゃってますから、そのアニメを見てからだと違和感がありありなんでしょう。

だから「原作を知らない人にはウケが良い」なんてことが起こるのです。僕が知らないor思い出せないだけでそうじゃない作品もあるのかもしれませんが、その作品こそ文字通り「稀」なんじゃないでしょうか。

 

 

しかし、ですよ。

その逆の場合は?

ドラマや映画を小説・漫画・アニメにしちゃうんです(アニメはさすがに無理か?)

3次元の2次元化は、2次元の3次元化よりも受け入れられやすいんじゃないかと。

 

なので今回はドラマに絞って、小説・漫画・アニメになってない作品を調べてみたいと思います。なってる作品も記します。

 

ドラマは日本のテレビドラマ一覧 (2010年代) - Wikipediaで確認しました。2013-2017の5年分を調べてみます。

 

なお、対象は

  • 深夜帯等のドラマを含まない
  • 20時・21時・22時に始まる
  • フジ,TBS,テレ朝,日テレ,テレ東

のドラマにします。

書き方は、

ドラマ名の隣に原作タイプ、小説化等の場合は「○○化済」のようにします。オリジナルの場合はオリジナルと書きます。

 

シリーズ物でタイトルが2回以上出てくるものは省略します。

 

年別

 

 

2013年

 

2014年

 

pomec-blog.hatenablog.com

 

2015年

 

pomec-blog.hatenablog.com

 

2016年

 

pomec-blog.hatenablog.com

 

2017年

  

pomec-blog.hatenablog.com