ぽめcの脳内を晒す場所

ぽめcの脳内を晒す場所

僕の頭の中をのぞいてみませんか

夢を叶える一人旅 序章

こんにちは、ぽめcです。

 

さて、いよいよ今日と明日1泊2日の一人旅が始まりました。

 

向かうのはこちら。

f:id:PoMec:20171130130225j:image

宮城県白石市にある

 

蔵王キツネ村

 

です。

 

 というのも、

pomec-blog.hatenablog.com

 

以前この記事で書いた死ぬまでに一度は行きたい場所として、蔵王キツネ村をその一つとして挙げました。

 

タイミングも良かったのでその夢を叶えるべく、今回の一人旅に踏み切った次第です。

 

 

目次

 

 

一人旅はいいぞ

メインの前に前菜。

飛ばして構いません。

 

「どこかに行く」という時、「誰と・どこへ・いつ」などなど、色々な選択肢があります。

旅行の場合は大抵どこに行くか決めてあると思うので、特に「誰と」の部分を中心に話をします。

 

「旅行」でまず浮かぶのが、複数人で特定の場所に行くことだと思います。そういう人に「ひとりで○○に行く」ということを言うと、まるで異端者を見るような、嘲笑うかのような視線をたまにもらいます。

旅行に限らなくても、「『ひとり○○』は恥ずかしい」という風潮が少なからずあります。

 

何故か頭のどこかで「ひとりはおかしい」という気持ちがあるのです。

身近な例だと親ですね。今回のことを伝えた時「ひとりで⁉︎」とのお言葉をいただきました。そこに込められた意味が感心とか出掛けることに対しての羨望とかならいいんですけど、否定的な意味が込められてるように感じました。

 

まぁ僕もそこまではいかなくとも、前までは「旅行は誰かと行ってなんぼ」と思っていたので人のことを言える立場じゃないですが。

 

今日明日の記事は僕の一人旅の感想や写真を載せるだけじゃなく、一人旅をしたいけど他人の目を気にしてしまう方や、なかなか一人旅をする勇気が出ない方背中を押せるような記事になればと思います。

 

 

今回の旅の目的地

 f:id:PoMec:20171130130225j:image

上にもちょろっと書いたように、目的地は

 

宮城県 白石市 蔵王キツネ村

 

です。

正確には宮城蔵王キツネ村ですね。

 

一度行ってみたかったんです。生ぎつねを拝みたいんです。触りたいんです。

 

 

でも、ただ行けば良いという話ではありません。

キツネ村(略してこう書くことにします)は僕が行くとなると東京から新幹線で白石蔵王駅に行く必要があるのですが、白石蔵王駅からキツネ村までは

 

タクシーで片道約4000円。

 

バス(白石駅から)は200円だがかなりの制限あり

 

という、仕方ないですがなんとも不便な場所に。

 

バスの制限というのは、

  • 「キツネ村」のバス停は無い
  • 「キツネ村の前で降ろして」という必要がある
  • 帰りはどこにいれば良いか聞く必要がある
  • 火曜・金曜に1日1往復のみ

 

というもの。

 

料金が200円とかなり安いものの、使いづらさが目立ちます。

 

※土日祝日の試験的なバス運行を行ってるみたいです。

 

詳しくは交通のご案内 | 宮城蔵王キツネ村まで。

 

 

 

ぼくがかんがえたさいきょうのぷらん

 

そこで今回僕はこちらを利用しました。

 

白石温泉 薬師の湯

f:id:PoMec:20171130194342j:image

【公式】白石温泉 薬師の湯 | 宮城県白石市 宮城蔵王の観光拠点 | トップページ

 

なんとこちら、キツネ村の送迎が無料のです。これは嬉しい。

 

こちらの薬師の湯には、キツネ村の送迎付き宿泊プランがあり、

  • 朝・夕飯付き
  • キツネ村の送迎付き
  • もちろん温泉にも入れる

これで、2名だと9500円/1名で泊まれます。

この旅館は1名での宿泊もでき、その場合は11000円でした。

 

そして僕は

1日目

  • 白石蔵王駅→キツネ村
  • キツネ村→薬師の湯(チェックイン)

で送迎してもらい、

2日目

  • 薬師の湯(チェックアウト)→キツネ村
  • キツネ村→薬師の湯
  • 薬師の湯→白石蔵王駅

という送迎をしてもらう事にしました。

 

キツネ村に行く際はチェックイン前もチェックアウト後も荷物を預けることができるので、大荷物を預けてキツネ村を周ることができます。これは助かります。

 

送迎が無料なので、タクシーが片道4000円かかるとするとキツネ村に2回行けば往復で12000円かかり、これだけで旅館の値段よりも高くなります。

タクシーの場合はさらに宿泊、プランによってはご飯代も必要なので、かなりお得にキツネ村に行けると言えるでしょう。

 

ということで、僕の一人旅プランは

1日目

  • 白石蔵王駅着(10:45)
  • キツネ村着(11:10ごろ)
  • キツネ村発(14:00)
  • 薬師の湯着(14:30)
  • フリータイム

2日目

  • 薬師の湯発(10:30)
  • キツネ村着(11:10ごろ)
  • キツネ村発(14:00)
  • 薬師の湯着(14:30)荷物受け取り
  • 白石蔵王駅着(14:45ごろ)
  • 白石蔵王駅から新幹線(15:58発)で帰宅

という計画になりました。

キツネ村を楽しみ、1日目のフリータイムや2日目の新幹線までの時間でお土産やら周辺観光やらをします。

 

1記事が長くなりすぎてしまうので、宿での事(ご飯とか)は別記事にしようと思います。今日中に更新できるかな。

 

キツネ写真を見たい方

明日もキツネ村に行くので、今日明日の写真をまとめて明日記事にしようと思います。しばしお待ちを。

f:id:PoMec:20171130180336j:image

先行公開。 

(12/1 17:25追記)

pomec-blog.hatenablog.com

 

キツネ記事を投稿しました。こちらからご覧ください。

(追記終わり)

 

 

1日目 

キツネ村は割愛するとして、チェックイン後のフリータイムでの行動を書きます。

 

チェックインは15時予定だったのですが、早めてもらえて14時過ぎくらいには部屋に入れました。

f:id:PoMec:20171130180627j:image

別記事にするのであまり触れませんが、僕の部屋はこちらでした。

 

15時ごろまでゆっくりして、外出しました。

 

f:id:PoMec:20171130180805j:image

f:id:PoMec:20171130194541j:image

周辺は木と水と草ばかりです。

 

f:id:PoMec:20171130180854j:image

少し歩くと水路が。それっぽく撮ってみました。

 

f:id:PoMec:20171130180946j:image

その先にあったトンネル(?)。ドラマで出てきそうな雰囲気がありました。

 

f:id:PoMec:20171130181048j:image

そのトンネルを辺りが暗くなった時に撮ったものです。完全に現場です。

 

トンネルを抜けて15分くらい歩くと城がありました。

f:id:PoMec:20171130181215j:image

白石城というみたいです。

宿からまっすぐ向かえばここまで20分くらいとマップが言ってました。

このまま白石駅まで行って明日どこでお土産を買うか見て回って、宿に戻ったら2時間経ってました。

宿─白石駅が35分らしく、往復するだけなら1時間ちょいなので結構のんびり見て回ったんじゃないでしょうか。

 

そして帰ってきて温泉→夕飯→現在という流れです。

 

感想 

歩きまくりました。

でも不思議と疲れは無く、満足感でいっぱいです。

 

以上が1日目。

キツネ記事は明日、宿記事はこれから書きます。

 

長くなってしまってすいません。

 

最後に、ぽめcまたはこのブログに関する言葉にご記入していただけたら嬉しいです。

ご記入してくださった方々、ありがとうございます。

 

今日は、この辺で。