ぽめcの脳内を晒す場所

ぽめcの脳内を晒す場所

僕の頭の中をのぞいてみませんか

ウイダーinバー全4種を食べた講評・感想

こんにちは、ぽめcです。

 

ジムに通ってトレーニングをし、そろそろ1ヶ月。

トレーニング後には筋肉をつけるためにもタンパク質を摂取するのが良いとされています。

タンパク質を簡単に摂るには、食事で普通に摂るか、プロテイン等で摂るという方法があります。

 

しかし、タンパク質の摂取を毎回気にかけたりするのは難しいところがあります。

 

そこで今回はこちらを紹介します。f:id:PoMec:20171011204037j:plain

(inバー プロテイン | ウイダー weiderより)

 

ウイダーinバー プロテイン

 

10秒チャージでおなじみのウイダーが出しているウイダーinバー プロテイン

手軽にタンパク質を補給できる商品です。

 

 

でも、ただこうして紹介するだけじゃ結局この中のどれが一番いいのか分からないと思うので、実際に食べてみました。

 

この記事は、僕が実際にウイダーinバー プロテインの全4種を食べ、その講評や僕自身の感想を綴ったものになります。

 

 

目次

 

 

この記事を読むにあたり

前述したように、これは僕が実際に食べていますが、あくまで僕個人のものになっています。複数の人物にアンケートなどを取っているわけではないことを念頭に入れてください。

何味があるのか

上の画像を見れば一発ですが、念のため書くと

  • ベイクドチョコ
  • ナッツ(ウエハース)
  • バニラ(ウエハース)
  • グラノーラ

の4種類です。

 

 

評価方法

評価の際の準備

僕が通っているコナミスポーツクラブでマシンを使用した上半身・下半身をまんべんなく鍛えるための8種目を各15回3セットを30分で行った後、5分から10分の休憩をはさんで対象を食べた。

トレーニングはおよそ3日に1度。

なお、マシンの負荷は1セットごとに上げ、1~2トレーニングごとに負荷の最小値を上げているため、負荷に慣れる・疲れなくなる等はない。

評価期間

トレーニング後に食べるため、3日に1度1種類を食べている。

計12日で4種類の味を食べた。

順番

どの味を食べるかは決めていなかった。コンビニで目についたものから順に買った。

最終的な順番はグラノーラ→ベイクドチョコ→ナッツ→バニラだった。

 

各味を食べた感想(食べた順・箇条書き)

グラノーラ

良い

  • 食べごたえがある
  • グラノーラ」だから甘くないと思っていたが、甘い
  • 結果的に4種類の中で最も良い甘みを感じた。

悪い

  • ポロポロこぼれ落ちる
  • 喉が渇く

 

ベイクドチョコ

良い

  • 4種の中で最もしっとりしている
  • 食べごたえがある
  • チョコのくせに溶けない(正確には溶けにくい)

悪い

  • 口の中が甘ったるい
  • 喉が渇く

 

ナッツ(ウエハース)

良い

  • 特にない

悪い

  • パサパサ
  • 喉が渇く
  • 上あごや歯にくっつく

 

バニラ(ウエハース)

良い

  • 普通のウエハースに近い

悪い

  • パサパサ
  • 喉が渇く
  • 上あごや歯にくっつく

※ちなみに、挟んであるクリームがバニラ味で、ウエハースはチョコ味だった。

 

 

全4種の順位

「また食べたいのはどれか」という基準で順位を決めたところ、

  1. グラノーラ
  2. バニラ(ウエハース)
  3. ベイクドチョコ
  4. ナッツ(ウエハース)

になった。

ただ、今考えてみるとバニラは「小さい頃に食べたウエハースの懐かしみを感じた」ので、思い出補正があるかもしれない。そうなると、2位と3位の順番は逆のように思う。

 

グラノーラの美味しさは群を抜いたものがあった。

 

ベイクドチョコは確かにしっとりしていて美味しく魅力的だったが、トレーニング後にあの甘ったるいものを口に入れるとなると手が出にくい。

 

ナッツに関してはもう何もない。味はどれも美味しかったが、その中でもナッツは食べにくい味だった。あの味は恐らく人によって左右されやすいと思う。

 

差はあれど、どれも喉が渇く。

 

以上が実際に食べて感じたことである。

食前の条件を非常に近いものにしているので、自分の中では公平な評価になったのではないかと思う。

 

 

4種類の栄養比較

inバー プロテインの各味のページから、それぞれの栄養成分を抜き出して表にしました。

比較したのは熱量・たんぱく質・脂質・炭水化物、それと葉酸の5つ。ビタミン◯◯とかいろいろあったのですが、よくわからなかったので主成分っぽいものだけをピックアップしました。葉酸もいらないかなと思ったのですが、どこかで葉酸が筋肉を作るのに必要っていうのを見たことがあったので一応。

 

  ベイクドチョコ ナッツ バニラ グラノーラ
熱量 164kcal 193kcal 194kcal 108kcal
たんぱく質 10.0g 10.4g 10.5g 10.5g
脂質 8.4g 10.3g 10.5g 0.7g
炭水化物 12.2g 15.1g 14.8g 14.8g
葉酸 50~250μg 83~252μg 83~252μg 18~141μg

 (この表はテーブルタグ作成ツールで作成しました。)

カロリーの低いもの、たんぱく質の多いもの、脂質の少ないもの、炭水化物の少ないものに赤色を付けました。

 

たんぱく質は「手軽にタンパク質」と銘打ってあるだけあってどれも10gの補給ができます。

突出しているのはグラノーラの脂質ですね。さすがグラノーラとだけあって、他3種の1/10以下に抑えられています。

また、カロリーも当たり前ながらグラノーラが一番低いです。

 

葉酸は幅が大きいですが、ウエハース系の2種が最小値最大値ともに他2種よりも高いです。

 

まとめ

なにが良いのかというのは分からないし、そもそもこれ1本食べたぐらいでは摂取する栄養成分なんか誤差の範囲かもしれません。が、それでも表を見る限りだとグラノーラ一強ではないでしょうか。

 

もちろん、だからといって好きでもないものを食べ続けるのは苦です。それだったら、好きな味のものを食べる方がトレーニングへのモチベーションも高まるのではないでしょうか。

 

ひとまず書こうとしていたのはここまでなので締めます。書くことがあったときは追記します。

 

注意

今回作ったについてです。

そもそもする機会がないと思いますが、もし使いたいということになったら勝手に使っていいです。ただ、この記事または僕が作ったという事だけははっきりさせておいてください。

何度も言うけど、この表を使う機会がそもそもないよね(笑)

 

最後に 

 

ぽめcまたはこのブログに関する言葉にご記入いただけたら嬉しいです。

ご記入してくださった方々、ありがとうございます。

 

今後とも、ぽめcとこのブログをよろしくお願いします。

 

今日は、この辺で。