ぽめcの脳内を晒す場所

ぽめcの脳内を晒す場所

僕の頭の中をのぞいてみませんか

一人でも複数でも!みさきまぐろきっぷでお得に旅を!

こんにちは、ぽめcです。

 

突然の丸一日フリー宣告にどうしたものかと考えていた僕ですが、昨日あるものを見つけました。

 

f:id:PoMec:20170824093131j:image

みさきまぐろきっぷ

 

みさきまぐろきっぷ | おトクなきっぷ | PICK UP 京急 | 【KEIKYU WEB】京急電鉄オフィシャルサイト

 

京急線各駅で買える企画キップで、画像に書いてある通り電車・バス乗車券、食事券、レジャー施設利用orお土産券の3つセットで2960円!(横浜で購入した場合)

なんともお得なキップです。

僕はこれを使って旅をすることにしました。

 

 

目次はこちら

 

 

 

くわしく

電車・バス乗車券

電車

購入駅(発駅)から三崎口駅三崎口から購入駅の往復券です。なんと、途中下車可能で、寄り道寄り道もできる!(戻るのは不可。例:三浦海岸駅で途中下車は可能だが、そこから購入駅側に戻ることはできない。三崎口駅まで行ってから戻ろう。北久里浜→三浦海岸→三崎口は道なりなので可能)

バス

三浦海岸・三崎口駅周辺のバスが1日乗り放題。

(指定区間詳細は こちら )

 

食事券

なんと30店舗で使用できるお食事券。通常買って食べられるものはもちろん、なかにはまぐろきっぷの食事券限定メニューが食べられるお店もあります。

 

みさきまぐろきっぷ-店舗一覧よりご確認ください。

レジャー施設利用orお土産券

対象のレジャー施設を利用できる、もしくはお土産を貰える券。例えば温泉の利用ができたり、直売所で商品をもらえたりします。 

レジャー施設利用とお土産を貰うサービスの両方を利用することはできないところは注意。どちらか1回のみです。

 

 

みさきまぐろきっぷ-レジャー施設一覧から確認どうぞ。食事券の利用可能場所もそうですが、結構あります。

 

僕の旅路

みさきまぐろきっぷではそれこそ人の数だけルートがあります。ここでは、その一例として、僕のルートをご紹介。

 

横浜

僕の京急線で一番近い駅は横浜。なので横浜で「みさきまぐろきっぷ」を購入。

f:id:PoMec:20170824201006j:image

ブレました。

注意点としては、券売機で購入できること、キップ3枚同時にでてくること。僕はどこで買えるのかわからずあたふたして窓口で聞いたら「券売機で買えます」と説明パネル付きで教えてもらいました。僕みたいな人が結構いるみたいですね(笑)

 

三浦海岸

横浜を出発し、やってきたのは三浦海岸。

f:id:PoMec:20170824201734j:image

駅は特筆するようなところはありませんでした。田舎味溢れるところって感じですかね。良い雰囲気でした。

 

この駅で朝食を取る事にしました。

 

すると駅すぐ近くに食事処が。

f:id:PoMec:20170824202327j:image

こういう雰囲気のお店好きです。

「いろは寿し」さん。

 

朝なのでさすがに人はいませんでした。どうやら開店したばかりだったようです。

ここで頼んだのは

f:id:PoMec:20170824202702j:image

まぐろしらす丼

美味しい。

 

まぐろ、びんちょう、しらすが乗っていました。味噌汁にはナス入り。ヒジキの小鉢付き。

 お値段は1080円。

 

f:id:PoMec:20170824204017j:image

席に通されたときに出されたお茶。めちゃくちゃ熱い。地獄の片鱗を味わうことができるほどの熱さでした。あれを「熱いのでお気をつけください〜」で済ませられる店員さん強すぎる…修行でもしたのか。

 

この暑い日に灼熱のお茶を飲むのははっきり言って苦行でしたが、美味しくいただきました。

 

 

お店を出た後は、少し徘徊…ではなく散策しました。

f:id:PoMec:20170824205025j:image

ドラマかなんかでありそうな画です。こういう道好きです。

 

そして三浦海岸駅ということで、三浦海岸まで歩きました。500m程ではないでしょうか、大きい道を歩いてたらすぐ着きました。

f:id:PoMec:20170824205326j:image

砂地を歩けるような靴ではないので接近はここまで。駅からそうだったのですが、潮の匂いを十分感じ取れます。暑い…でも涼しい…

 

三崎口

三浦海岸駅を出て、終点でもある次の駅、三崎口駅にやってきました。写真を撮り忘れました。

ここは完全に三崎港への経由地という感じでした。

 

三崎港その1

三崎口駅からバスで三崎港へ。ちなみにですが三崎口の読み方は「みさきぐち」、三崎港は「みさきこう」です。僕は三崎口もみさきこうと読んでいました。恥ずかしい。

 

f:id:PoMec:20170824210836j:image

三崎港に到着。こちらも潮の匂い。

ここでも散策します。

 

f:id:PoMec:20170824211018j:image

ありました、こういう道。いいですね〜。

 

f:id:PoMec:20170824211141j:image

なんとも良い感じの細道。別の世界に繋がりそうな気がします。千と千尋の神隠し的な。

 

お昼。

f:id:PoMec:20170824211311j:image

「まぐろ食堂 七兵衛丸」さんで食べました。お昼時ということもあり並んでいましたが、15分前後で入れました。1人だから融通が利いたのかもしれません。

 

ここで食事券を使用。

f:id:PoMec:20170824211731j:image

まぐらきっぷ対象のメニューは4種類

  • 王道!活きイキ刺身定食
  • 豪華まぐろ海鮮丼
  • 三浦どん
  • トロトロ煮丼

 

僕は豪華まぐろ海鮮丼にしようと思ったのですが、店員さんは刺身定食を推していました。なんでも、「まぐろ海鮮丼は量が少ない。刺身定食は海鮮丼のようなエビやイクラが入ってない代わりに、刺身が倍くらい入ってる」とのこと。

じゃあそれで!

やっぱり王道を征く…刺身ですか。 

f:id:PoMec:20170824212351j:image

こちらが刺身定食。

ご飯、刺身7種、漬物、味噌汁、小鉢が付いてました。

こりゃうまい。

刺身7種は 

  • マグロ赤身
  • 中トロ
  • タコ
  • ブリ
  • (多分)イワシ
  • よくわからないコリコリした白い身

です。魚には詳しくないので合ってるかわからないです…特にリストの下2種がもうわからん。画像で判断できる方がいらしたらぜひ教えてください。

 

何はともあれ、美味しかった。

 

城ヶ島

お昼を食べた後はバスで三崎港から城ヶ島へ。

 

f:id:PoMec:20170824213520j:image

バスからの景色。良い。

 

城ヶ島に着き、城ヶ島灯台へ向かいました。

f:id:PoMec:20170824213625j:image

驚くほど草がボーボーだったので近づくのはやめましたが、到着。

 

よくわからん。

 

僕はそれよりも

f:id:PoMec:20170824213722j:image

灯台へ向かう途中にあった像が気になりました。

 

海への祈り

 

壮大なタイトルです。像の人物は古代ローマ人(?)でしょうか。

そしてその近くにあった展望デッキ的なところ。

f:id:PoMec:20170824214115j:image

良い眺めでした。

しかしここもそういうのをモチーフにしたデザイン。なにか由縁があるのでしょうか。

 

城ヶ島を散策していて見つけた海岸

f:id:PoMec:20170824214324j:image

セミの鳴き声と潮の匂い、波の音に癒されました。暑いけど暑くない場所でした。

 

三崎港その2

城ヶ島を出発し、三崎港に戻ってきました。

お土産を買って帰りましょう。

 

f:id:PoMec:20170824214627j:image

バスで三崎港駅に下車し、すぐ目の前にある「うらり」を見て回ります。

 

ここは1階が魚、2階が野菜売り場になっています。

「うらり」のすぐ外には、

f:id:PoMec:20170824220418j:image

船が止まっていたり、

f:id:PoMec:20170824220444j:image

にじいろさかな号という観光船に乗れたりします。これはレジャー利用券が使えたと思います。僕は乗っていません。

 

「うらり」1階:さかな館

f:id:PoMec:20170824215044j:image

f:id:PoMec:20170824215152j:image

f:id:PoMec:20170824215208j:image

f:id:PoMec:20170824215122j:image

 

開き系はもちろん、貝類や様々な魚が売っていました。そしてやはりマグロ。知らなかったのですが、どうやら三崎はマグロが有名みたいです。売り場のおばあちゃんが言ってました。

 

定番の柵売りや、

f:id:PoMec:20170824215453j:image

マグロの尾の肉が輪切りで売ってました。港ならではですね。

 

レジャー利用券として使わず、お土産券としてチケットをここで使いました。

使う箇所によってもらえるお土産が違うので、詳しくはサイト又はパンフレットで確認してください。ぼくは「まぐろのとろ炊き」に交換してもらいました。

「うらり」2階:やさい館

まず、安い。野菜と安いをかけたとかじゃなくて。安い。

f:id:PoMec:20170824215828j:image

玉ねぎ180円

f:id:PoMec:20170824215904j:image

大玉スイカ500円

f:id:PoMec:20170824215934j:image

なんか色白のカボチャ500円

 

その他きゅうりやナスが120円だったりと、色々と安い。

大きさや傷の有無によって、さらに安いものもありました。

 

 

この中でも僕が一番衝撃的だったのは、

f:id:PoMec:20170824220140j:image

赤オクラ

赤いオクラなんて初めて見ました。面白いですね。

 

 

帰宅

無事お土産を買い終え、バスで三崎港→三崎口、電車で三崎口→横浜に戻りました。 お土産を買ったこともあり、帰りは寄り道しませんでした。

 

これにて一人旅終了!

 

 

感想

かなり楽しめました。

値段どうこうはあまり言いたくありませんが、どのくらい得したかというと、

これが本来かかるはずだった費用。

 合計4137円

これが、みさきまぐろきっぷの利用で2960円になるので、なんと1177円お得に旅ができました!

 

 

1人でも十分に楽しめましたが、もちろん複数人でも十分、十二分に楽しめると思います。

この機に、1人でも、誰かとでも、みさきまぐろきっぷで素敵な旅をしてみてはいかがですか?

 

みさきまぐろきっぷ | おトクなきっぷ | PICK UP 京急 | 【KEIKYU WEB】京急電鉄オフィシャルサイト

こちらからサイトに飛べます。

 

楽しかったなぁ。

 

今日は、この辺で。