ぽめcの脳内を晒す場所

ぽめcの脳内を晒す場所

僕の頭の中をのぞいてみませんか

人には人の領域がある話。

 

こんにちは、ぽめcです。

学校の課題で「,」を使ってるのですが、使い過ぎて「、」のキーを押すと「,」になってしまい、わざわざ変換しないといけないのがめんどくさいです。

 

それはそうと、テレビに出てる人の発現が嘘くさく聞こえてしまうのとそうでない場合(人)の違いって何なんでしょうかね。

 

名前を出していいのかわからないですけど、僕の場合宮川大輔が「すごい!」って言うのと、鈴木奈々が「すごい!」って言うのとでは、明らかに前者のほうが凄みを感じてしまいます。これは何でなんでしょう。

芸歴の差?男女差?

 

…僕は評価の差だと思います。

 

宮川大輔鈴木奈々の評価は、僕の中では宮川大輔の方が高いです(鈴木奈々が低いということではありません)。だからもしこの2人が食レポをやったら、宮川大輔のほうが美味しさを感じるでしょう。

しかし、この2人がドッキリを仕掛けられた場合、僕は鈴木奈々の方が笑うと思います。これは2人に対する評価が違うからです。

かなり細い視点で見ますが、宮川大輔は土曜の某青空レストランに出ていて、鈴木奈々は某だまされた大賞などのドッキリ企画に出演します。

この時点で、僕の中の宮川大輔のカテゴリは「食」であり、鈴木奈々のカテゴリは「ドッキリ」となります。

 

この異なる領域の2人をお互いの領域で比較するのだからそりゃぁ片方では片方が勝ち、もう片方ではもう片方が勝ちますわな。

 

じゃあなぜ宮川大輔の方が評価が高いか。

 

単純に、こなせる領域が多いからではないでしょうか。

…こうなると、芸能界に長くいた方が有利じゃん。まぁ、まとまらない話を書き連ねているので大目に見てください。

まあドッキリっていうのは何回も引っかかっていると「ドッキリなのわかってんじゃね」とか、「リアクションがワンパターンだな」とか無意識的に思ってしまいますので、そこが評価に影響しているのかもしれないですね。

 

これは何もテレビの向こう側だけの話じゃないと思います。

第一印象も「顔が良い」「普通」「悪い」など、カテゴライズされていますし、「顔が良い」人のほうがたいていの場合は多方面で活躍します。スポーツ然り、勉学然り。この時点で「顔が良い」の1カテゴリに入っているだけで、3カテゴリ入ったのと同じ意味を持ちました。得してますね。

逆に「悪い」カテゴリに入った場合、世の皆さんは興味がないのでこれ以上何もありません。

「普通」の人も興味を惹かれるようなものはないですよね。「普通」なんですもの。

 

ところがどっこい、ギャップというものがあります。

「いつもはぐうたらなのに、バンドを組んでいて、演奏している時はすごくかっこいい」みたいな。

「スポーツやってる時のあいつ、すげえ輝いてる」みたいな。

マイナスが持つプラス要素にギャップを感じさせれば、今後その人に対する評価が変わる可能性があります。これはあなたのことでもありますよ。もちろん僕も。

 

ただプラスが持つマイナスと、マイナスが持つプラスって全然違いますよね。

マイナスが持つプラスって、例えばサッカーを例にだすと、サッカーしてる時はギャップが発動して「かっこいい」となるけど、逆に言えばそれ以外は自分が変わらなくちゃ他人からの評価はかわらないですよね。

でも、プラスがマイナスを持ってた場合、そこに可愛さを見出すことがあるんですよ。ただでさえ高い評価が、マイナスの領域に足を突っ込んでもなお高いんですよ。

 

 

イケメン、ずるいぞ。

 

 

今日はこの辺で。