ぽめcの脳内を晒す場所

ぽめcの脳内を晒す場所

僕の頭の中をのぞいてみませんか

逆ナンされたと思ったら新手の勧誘だった話【前編】

こんにちは、ぽめcです。

 

昨日の今日なので、今日はこのカテゴリっぽい記事を書きます。

 

数年前の話ですが、僕の体験談です。

 

この話は「今だから笑える話」的な感じで酒の席なんかで話したこともあるので、これをそのまま書いて読まれると僕も相手方も特定できてしまう恐れがあるので、少しぼかして書きます。ご了承ください。

 

はじまりはじまり

数年前、とあるイベントに1人で行きました。

イベントは大盛り上がりの中終了しました。

僕も充分満喫し、「疲れたし人も多いから一息ついてから帰るか」と、イベント会場の外でスマホをいじりながらのんびりしていました。

その時、「ちょっといいですか?」と女性二人組に声をかけられました(仮名としてミサキアヤコと名付けます)。

声をかけてきたのはミサキの方で、アヤコは僕の記憶では一言も喋っていないと思います。名前を名乗られてもいないので、アヤコの本当の名前はわかりません。

 

以下僕とミサキの会話

 

み「すみません、ちょっといいですか?」

 

僕「?はぁ…」

 

み「わたし、ミサキって言います〜。今日はこのイベントで来たんですか?」

 

僕「そうですけど…」

 

み「ほんとですか!?わたしもなんですー!」

 

僕「あー、そうなんですか…」

 

み「あの、よかったら今日のイベントの感想とか○○(イベントに関する事)とかお話しませんか!」

 

僕「え、今ですか…」(ここめちゃめちゃ困惑しました)

 

み「あ、いや、アヤコもいるので今じゃなくていいです!お時間ある日に改めてとか!」

 

僕「はぁ…」(ここらへんで『あれ…これって…』と思いました)

 

み「そしたら、LINEこうかんしませんか!」

 

僕「あー…いいですけど…」

 

 

 

といった感じです。

最初は「なんだこの人…」と思っていたのですが、LINE交換する時は「これって逆ナンってやつじゃないの!?」と、内心テンション爆上げでした。

ちなみに僕の反応がなんでこんな素っ気ないのかというと、急に女の人に話しかけられて反応が何もできなくなってました。

 

書いてて思ったんですが、長くなりそうなので前後半で分けようと思います。

 

今日は、この辺で。

「モテカテゴリ」ならぬ、「モテ"たい"カテゴリ」を作ったよ!

こんにちは、ぽめcです。

 

昨日の記事がいろんな人に見られているみたいで、僕はうれしいです。もっともっと伸びてほしいですが、物欲センサーに引っかかるので欲は出しません。あのセンサーはほんとに恐怖です。何度やられたことか、、、

 

pomec-blog.hatenablog.com

 

さて、昨日の記事にはてブとコメントを残してくれた方がいました。ありがとうございます。すぐにコメ返ししたかったのですが、はてなブックマーク上のコメントに対してどうやれば返信できるんだ?そのような機能が見つかりませんでした。

 

なので、この記事でコメントを返させていただきます。見てくれ…マーチン(id:martin1)さん…!

f:id:PoMec:20170621204917p:plain

 

ぽめcさん、はじめまして!

はじめましてマーチンさん、ぽめcです!

 

このブログ、継続されていてすごいですね!

褒めてもらえてとてもうれしいです。なんならこのブログの長所はそこしかないくらいですよ。笑

毎日続けることだけは絶対の目標です!

 

モテに関する記事、好きなので時間あったらもっと書いて頂きたいです。

なるほど…

いや、そもそも僕モテてないんですが…

モテに関する記事をモテない僕が書くって最高にキマってると思います。

でも確かに、僕はモテたい。

 

なので、最高にモテる人たちが書く「モテるためには」みたいな記事は書けません。ですが、最高にモテない僕が「モテたいんだよ!」とあくせくしている記事は書けます。

 

書きます。

 

そこで手始めに、「モテたい」カテゴリを作りました。正確には「僕だってモテたい」というカテゴリです。「これでモテる」とか「体験談」とかじゃないあたりが哀愁漂ってて、いい感じでしょ?

 

2つほどモテたい関連の記事があるので、今回その2つを追加しました。

 

pomec-blog.hatenablog.com

この記事は僕にモテたいと思わせてくれた漢のブログについて紹介した記事です。りょうさん、付いていきます。このブログのURLを見てほしいのですが、

http://moteryugi.com/

 moteryugi→モテ流儀 ですよね。かっこいい…

 

pomec-blog.hatenablog.com

こちらは僕の数少ない女子大生の友人に女子と仲良くなるにはどうしたらよいのかを聞いた時の記事です。「顔はどうにもならないが服は何とかなる」と辛辣なお言葉をいただきました。

 

これからこういったことについても書いていこうと思います。たとえ1人でも需要があるなら、それは供給すべきなんだ!

とは言ったもの、あまりこのジャンルの記事は現状あまり多く書けないと思います。でも、全力でやっていくので、よろしくお願いします。

最後に

コメントをくださったマーチン(id:martin1)さんのブログはこちらです。

martin1.hatenablog.com

いくつになってもモテる男になれるってまじ?興味深い…

 

マーチンさんのコメントのおかげで、このブログの幅も広がったと思います。ありがとうございました。

 

 

僕だってモテたいんだ!

 

今日は、この辺で。

記事に書く事が無い人に見てほしい!!!

こんにちは、ぽめcです。

 

僕は考えていました、、、

 

どうしたら今よりもアクセスが増えるのか、、、

 

あーでもないこーでもないと考えました。

 

そして、何も浮かびませんでした。

いや、こんなもんですから。

 

いつのまにか寝ていて、もうこんな時間(19時→22時)になっていました。

「しゃあない」と記事を書こうとしたとき、

 

思いついた!!!

 

僕を紹介しませんか?

毎日記事を書いていると、何かがあった日はそのことを書けば1記事になりますが、人生そんなにイベントがぎゅうぎゅう詰まっているわけでもないので、そのまま過ごしていればいつか必ず「何もなかった日」がやってきます。最初のうちはそれに対処することは簡単ですが(それでも本当は記事にしようとは思っていなかったり、その場しのぎの記事になってしまったり…)、そんな人でも必ずどこかでストックが無くなります。

そんな時、いわゆる"おやすみ回"にすることは簡単ですし、「今日はお休みします」という言葉だけでも更新したことになり、「う~ん、活動終了!w」と、心が一気に楽になるでしょう。

 

そんな人達に僕はある提案をいたします

 

僕の事を、あなたのブログで紹介しませんか?

 

僕はこれは画期的で今までにない発想だと思います。

 

「僕のブログを紹介する」ことが記事になる!

「記事を書かねばならないけど、書くことがない」が、「記事をおろそかにするのはもったいない」と感じ、書く気はある」という人向けの提案だと思います。

 

普通、こういった場合には寄稿依頼で記事を代理で書いてもらうというのが「しっかりとした記事を作る」と言う点で一番良い選択になると思います。しかし代理で書いてもらうにはお金が絡んだりするでしょう。そもそも「書いて!」って言ってすぐに「おけ!やるわw」なんてなるんですか?それに依頼してすぐ記事ができるわけでもないだろうし、そうなったらもう間に合わないですよね。依頼したことないので適当なこと言ってるかもです。

 

となると、あとはもうおやすみ記事を書くしか…

 

ここで僕の(ブログの)出番ですよ。

 

メリットとか

 

僕のブログを紹介することによって、あなたにはこんな利点があります。(理由は後述)

  •  記事が書ける
  • お金がかからない
  • 僕のブログやTwitterからのアクセス者がいる

 

あなたが僕のブログを紹介すると、こんな利点があります。(理由は後述)

  • あなたのブログからのアクセス者がいる
  • 僕のブログがよりたくさんの人に知ってもらえる
  • 僕も記事を書ける

 

理由

 記事が書ける

「僕のブログを紹介する」という目的ができますから、それに沿って記事を書くことができます。

 

お金がかからない

僕のブログを紹介してもらえるのに、なぜ僕がお金を取るんですか?

僕にとっては紹介されたことが「記事ネタを提供した」最大の返礼となります。

 

僕のブログやTwitterからのアクセス者がいる

僕のブログを紹介してくださったら、もちろん僕の方でも「この方が紹介してくださいました」という旨を発信します。あなたのブログのリンクを載せるからですが、それについてはまた後述します。

 

あなたのブログからのアクセス者がいる

あなたが僕のブログを紹介してくれたおかげで、あなたの読者様がこちらに流れ込む可能性があります。

 

僕のブログがよりたくさんの人に知ってもらえる

もし流れ込むところまでいかなくとも、僕のブログがあることを多くの人に知ってもらえます。

 

僕も記事を書ける

僕のブログを紹介してもらえたら、必ず僕の方でもあなたの事について触れます。そのため、僕のブログを読んでくださった方があなたのブログに流れる可能性があります。

 

 

以上が理由です。win-winだと思いませんか。

 

お願いしたいこと

僕のブログを紹介するにあたって、いくつかお願いしたいことがあります。

 

「僕のブログを紹介するよ」という報告が欲しいです。僕の知らないところで勝手に進んでいて、万が一何かが起きたら双方めんどくさくなる事態になる可能性もなくはないので、一言声をかけてください。僕には断る理由がないので、必ず了承の返事をします。なので、一声かけたら僕の了承を待たずに記事を作成しても構いません。

 

「僕のブログを紹介したよ」という報告が欲しいです。そうしないと僕が「この人に紹介されました」という旨を発信できなくなります。

 

僕のブログの読者登録をお願いしたいです。もちろんしなくても構いません。こうやって出会ったのも何かの縁ですし、よろしければ繋がりませんかということです。もちろん読者登録してくださったら僕も登録します。

 

以上3つがお願いしたいことです。

 

連絡手段は問いません。と言っても、ブログのコメントTwitterのリプ・DMくらいしかないと思いますが。

 

@

僕のTwitterアカウントです。よろしければお使いください。

 

自己紹介

 

僕のブログを紹介する際に、僕の事について触れると思うので、自己紹介します。これをコピペすれば自己紹介は終わり、という算段です。

 

こんにちは、ぽめcです。

僕は日常や漫画・ゲーム・音楽などなど、様々なことに対しての僕の思いを書いている「ぽめcの脳内を晒す場所」という雑記ブログを書いています。大学生ですが、身バレ防止のため年齢は明かしていません。僕の周りからの評価というものを望んでいないので、身内や友人にも全く話していません。

 

なんてかしこまった言い方をしましたが、普段は鼻ほじりながらだらだら記事を書いています。

最近はEWI4000sという電子管楽器、ウインドシンセサイザーを吹くことにハマっています。

ブログは、いつもはやらないようなことに挑戦したくなって、「ブログ書いてみるか~」みたいなノリで始めました。それが今なお続いていることに自分でもびっくりです。

 

こんな僕ですが、よろしくお願いします。

 

 

以上です。

これを引用して貼り付けちゃえば、負担がだいぶ減ると思います。

f:id:PoMec:20170620232254j:plain

僕のプロフィール画像です。使う機会があったら使ってください。

 

まとめ

これで僕の言いたいことは以上なので、軽いまとめです。

  • 書くことがないなら僕のブログを紹介しよう!
  • 僕もあなたもメリットいっぱい!
  • 紹介したい人は一言声かけお願いします!

3行で本質が書き終わった、、、

 

@

もう一度貼っておきます。よろしければお使いください。

 

紹介してくれる方、待ってます!

 

今日は、この辺で。

 

遅ればせながら、恋と嘘6巻

こんにちは、ぽめcです。

 

すっかり忘れていました。

f:id:PoMec:20170619222654j:image

今日の朝購入。さすが仕事が早いことに定評のあるぽめcです。後ろの本は「君が死ぬ夏に」の4巻です。こちらも忘れていた。

改めて部屋の本棚を見てみると最新刊を買ってない本が多かったです。今度まとめて買おう。

 

f:id:PoMec:20170619222849j:image

6巻表紙は真田莉々奈、ですよね…?2巻の表紙の時とだいぶ印象が違います。可愛い。

f:id:PoMec:20170619225151j:image

こちらもこちらで可愛いですけどね。

 

さて、中身についてはネタバレになるのであまり言及しませんが、とても良かった。アツかったです。

 

6巻の内容は温泉・政府の人の過去・根島由佳吏と真田莉々奈の決断の3つでした。

終始ドキドキワクワクな展開で、ある意味落ち着きませんでした。

 

 

そしてなんと付録付きです。

f:id:PoMec:20170619231523j:image

恋と嘘関西弁版1巻

 

付録で関西弁になった1巻が丸々ついてきます。

 

中身の比較をちょろっと。

f:id:PoMec:20170619232450j:image

右が通常、左が関西弁版です。

阪神戦見てて遅くなった」って。笑

 

読んでて笑いっぱなしの1巻でした。

f:id:PoMec:20170619232618j:image

 政府通知〈マンスリーよしもと

これは卑怯。笑わないわけない。

 

 

早くも次巻が楽しみです。

 

今日は、この辺で。

機械に支配された世の中

こんにちは、ぽめcです。

 

駅には「Kiosk」のような小型の売店があったりしますよね。僕が使っている電車の途中駅にもそういうのがあります。

それにしても「Kiosk」ってキオスクなのかキヨスクなのか….どっちなのでしょうか。まず人類が解決すべき問題はここにあると思います。

 

そんな売店が見るも無残な姿になっていました。

f:id:PoMec:20170618222754j:image

ファミマになっていました。

果たしてこれをファミマと呼んでいいのかは謎ですが、看板がある以上これは誰がなんと言おうとファミマなのです。

 

今の時代はもうコンビニですら人手を必要としなくなったんですね。たまに補充するだけでコンビニの運営ができちゃいます。

こうして人を必要とする仕事が無くなり、機械の奴隷と化すのですね。

 

そう考えると接客業というのは必ずしも接客する必要がないのかもしれません。機械のメンテナンス要員さえいれば良いのか。

映画のチケット発券機とかもそうですよね。受付の人に「○○を○枚」とか言わずにただ画面を操作すればいいだけですから。

 

そのうち人間がやるべきことが無くなるな。

 

機械に支配される日もそう遠くはなさそうだ。

 

今日は、この辺で。